婚活記録

【婚活体験談】距離近すぎ営業マンさんとデートした【ペアーズ】

【婚活体験談】距離近すぎ営業マンさんとデートした【ペアーズ】

こんにちは!

今日は、初めてマッチングした営業マンさんとのお話です。

お顔がお笑いの綾部さんを3倍に薄めた感じなんで、綾部さん(仮)と呼びます・・!

本当に今思い出してもいい人だった!けど!けど!

という、この「けど!」について書かせてください(笑)

マッチングしたのは、Pairs(ペアーズ)というアプリ。

⇓特徴や実際使った感想をまとめてます⇓

Pairsをアラサー女が5ヶ月使ってみた感想【身バレしない方法も】
Pairsって身バレしない?アラサー女が5ヶ月使ってみた感想マッチングアプリを使う際に一番怖いのが「身バレ」そんなわたしが、Pairs(ペアーズ)を使った感想を書いてます。同時に、Pairs(ペアーズ)のメリットデメリットも解説しています。...

ぜひ、この記事も読んでみてください。

pairs

Pairs(ペアーズ)でマッチングした綾部さん

Pairs(ペアーズ)でマッチングして意気投合したきっかけは、コーヒーの話。

Pairs(ペアーズ)には「コミュニティー検索」ってのがあって、趣味嗜好などで自分にあったコミュニティーに入れるんです。

で、そこで出会ったのが綾部さん。

  • 同い年(当時29歳)
  • 電鉄関係の会社(のグループ会社)
  • 営業マン
  • 年収はおおよそ一般的(だと思う)
  • 見た目より若く見える、けどなんか顔が濃い
  • わたしと同じくコーヒー好き
  • 見ただけでわかる、髪がすごくサラサラ

最後のいる?って感じですが、すごく印象的だったので(笑)

コーヒー好きで盛り上がり、マッチングしてから1週間ぐらいで会うという結構なスピードでした。

いまい

わたしは初めてのマッチング→デートなので、すんごく緊張しましたよ~

マッチングした人と会う瞬間

【婚活体験談】距離近すぎ営業マンさんとデートした【ペアーズ】

まあ、緊張のピークって「会う瞬間」ですよ!

お互い写真ではみてるけれど「幻滅されたらどうしよう」ってもう内心ひやひや

ちなみに、その時の服装は、

カジュアルすぎず、可愛すぎず、キレイめよりの「GINGER」に載ってそうなグレーの膝丈ワンピ(膝小僧にかかるくらい)に、ヒールは黒。かばんはネイビーの小さめ肩掛け。

わたしはパーソナルカラーがサマー&体型はウェーブということがわかっているので、服も選びやすいです。

パーソナルカラーについてはこちらをどうぞ!

【雰囲気美人】パーソナルカラー
【雰囲気美人になる】パーソナルカラーを知れば美人度3割増だ!自分のパーソナルカラーはご存知ですか?婚活は第一印象が勝負。自分に似合う色を身にまとうだけでも、美人度は3割増しです。この機会に、パーソナルカラーを調べてみてはいかがしましょうか...

待ち合わせ10分前に現場着、5分前にメール

待ち合わせの時は、わたしは10分前につくようにしてます。

着いた時から勝負は始まってます!猫背で携帯見ながら待つのはNGー!

おすまし顔で待つ(笑)それか、近くに本屋さんや雑貨屋さんがあるならぶらっと。

5分前になったら、

おはようございます!

ちょっと早くついてしまいました💦

○○あたりにいるので、着かれたらメールください😊

あ、わたしはグレーのワンピースに、小さいネイビーの肩掛けのかばんをもってます。

ゆっくり、気をつけてきてくださいね😊

とメール。いつもこのメールです。

ほんとは「楽しみで早くついてしまいました」と言いたいけどなんか恥ずかしくていえないアラサー女です。

で、せめて「ゆっくりきてください」と気遣いをみせようという悪あがきです。

いまい

あ、メール打つときって猫背になりがちだから気をつけてー!

待ち姿もみられてます!

メール打つときに綺麗にみえる姿勢なんかは、この本で学びました。アラサーの女性にはめっちゃおすすめ。姿勢と仕草がかわるだけで、「女性感」が格段にかわります。

そして、待ち合わせ数分前に綾部さんが現れ、ぎこちない挨拶(笑)

よろしくお願いします、と握手しかけました(仕事かよ)

雰囲気は30代前半の仕事できそうな雰囲気(実際は同い年ですが )&お顔は写真のままで爽やか。

ランチで「感覚の違い」を発見

事前に何の食べ物が好きか聞かれてたので、

【好印象】好きな食べ物は?【答え方で差がつきます】

この記事の答え方で答えました。

自分でいうのもなんですが、ほんと使えるので、是非読んでみてください。

ランチは、綾部さんがチョイスしてくれた洋食屋さんへ。

オムライスがおすすめらしいんですが、お店のオムライスって量が多くてつらい。(わたしだけでしょうか)

「食べきれるかわからなくて・・」とか言って相手に気を遣わせたくないし、

でも食べきれなかったら印象悪いし・・(初デートで相手の選んだお店なので)

結局、わたしは綾部さんにこう言ったんです。

いまい

オムライス食べきれなかったら申し訳ないから、ドリアにしようかな。(ドリアのほうが少なそうだったので) せっかく、オムライスの有名なお店に連れてきてくれたのに、ごめんなさい

一応「連れてきてくれたのに」という言葉で

あなたが私のためにしてくれたことはわかってるよ、ごめんなさい」とアピール。

そしたら、綾部さんの答え。

もし食べきれなかったら食べるよ。

・・・・・

ちょっと待って、え、距離近くない?会ってまだ1時間だけど、距離近くない?

はい。びっくりです。

これって賛否両論わかれそうなところ・・・

わたしは食べ残しを食べるor食べてもらう

お付き合いしている方、家族ならOK

友達はちょっと・・

初対面の方はムリ

です。

いまい

ここで「あれ、この方、人との距離感近いかも・・」と思い始めます(笑)

結局ドリアにして全部自分で食べました(笑)

お会計は「払う」とおっしゃてくださったので、一度は食い下がりましたが、それでも払うというので、素直に「ごちそうさまでした、コーヒーはわたしが出します」とお伝えしました。

個人的にデートのお会計は

  • 男性が払うと言ったら、一度は食い下がる
  • それでも払うと言ったら、「じゃあ次回は私が」「カフェは私が」という風に次につなげる

という風にしています。

男性のことも立てられて、次回に繋げられて、一石二鳥かなと思います。

お目当ての喫茶店でコーヒーをいただく

コーヒー好きなんですが、しょせんわたしはコーヒーを飲むのがすきなだけ」であって、全然詳しくありません。

ということもあって、ランチの後は綾部さんがよくいくという喫茶店(カフェじゃなくて喫茶店て感じでした)に行きました。

男性のことを「かっこいいな」と思う瞬間って、自分が知らないことを知っているときじゃないですか?

コーヒーに関しては、本当に詳しいようで、豆の産地の話やら挽き方やら(もう今は忘れてしまったけど笑)、たくさん教えてくださいました。

しかも、その教えてくださる感じが、「知識をひけらかしている」感じではなく、自然とさらっと教えてくれたんですよね。

その姿勢に、すごく惹かれたのを覚えてます。

ただ・・その時の席が、丸テーブルに椅子が4つだったんですよ、4人席しかなくて。

で、初対面だったら向かい合わせに座りません?なのに、綾部さんは隣に座ったんですよね。

ちょっと待って、え、距離近くない?会ってまだ数時間だけど、距離近くない? (本日2度目)

で、はたと気づきました。

もしこれが、「好きな人」だったら洋食屋さんでのことも、喫茶店でのことも「嬉しかった」んだろうなあと。

でも、初対面ですからね。ちょっと無理だ。

喫茶店では、ご実家が九州だとか、趣味はなんだとか話したんですけど、わたしは綾部さんとの「距離」が気になって気になって。

わたしのパーソナルスペースに入らないでー!と思ってしまった・・・

今日のまとめ:パーソナルスペースって大事

で、結局綾部さんとどうなったかというと、その後もやりとりはしてたんですけど、なんか話がいまいち盛り上がらなくって、自然とメールもなくなってしまいました。

わたしの中でも、彼の中でもお互い「この人だ!」って感じじゃなかったんですね、きっと。

わたしは特に、彼の「距離感」が厳しくて、うーんと思ってしまいました。

綾部さんとは残念な結果になりましたが、同時進行させてもらっていたもう一人のかたとは、3回デートしたのでまた記録を書きます!

今日のまとめ:パーソナルスペースって大事

ではまた!